ディフェリン

ニキビ治療には効果的なディフェリン薬品

ディフェリン薬品はニキビを治すための塗り薬です。

 

 

少し前までは、この薬品が病院で処方されると治療費が高額になる傾向がありました。

 

 

しかし、日本国内では、2008年にこの薬品は保険適用薬として認可が下りています。

 

 

そのため、現在はニキビ治療薬として病院で処方してもらうと自己負担額は安くすみます。

 

 

この薬品の効能は、ディフェリンが、表皮のレチノイン酸受容体と結合することにより、表皮角化細胞の分化を抑えることができます。

 

 

ところでニキビが出来る原因をご存じでしょうか。

 

 

それは皮脂が過剰に分泌されることにあります。

 

 

皮脂が過剰に分泌されることにより、皮膚全体が固くなり、毛穴に皮脂がつまりやすくなってしまいます。

 

 

毛穴に皮脂が詰まると、毛穴の中で酸化した皮脂が化膿し、これがニキビとなるのです。

 

 

ニキビは正式名称を尋常性ざ瘡と呼ぶのですが、このディフェリンを症状の出ている箇所に塗布することで、皮膚の角化を抑える働きや、ニキビを出来にくくするはたらきがあります。

 

 

症状が酷くなってからこの治療薬を使うよりも、早期のうちに使用した方が効果的です。

 

 

ビタミンA誘導体でもあるレチノイド製剤であるディフェリンは、現在日本では、ニキビ治療薬として、多くの皮膚科で使用されています。

 

使用上の注意点

その理由は、ビタミンA誘導効果が優れているのですが、妊娠中の女性がこのレチノイド製剤に触れることにより、強い催奇形性があるため、奇形児を産んでしまうというリスクがあるからです。

 

 

催奇形性のリスクはビタミンAが水に溶けないということに理由があります。

 

 

水に溶けないビタミンAであるため、皮膚から過剰摂取してしまう可能性があり、ビタミンA誘導体には、水頭症や口蓋裂、奇形児の発生リスクの危険性があるからです。

 

 

そういった理由から妊娠中はこの薬品には決して触れないようにしなければなりません。

 

 

また薬を使用し始めてから、少しの間、皮膚が乾燥したり、皮がむけたり、赤くなることもあります。

 

 

これは軽い副作用の一つなのですが、塗り始めてから2週間ぐらいに高確率で起こります。

 

 

ほとんどの場合は軽度で一時的なものですが、そのまま薬品を使用し続けてもかまいません。

 

 

症状があまりにも重い場合は、病院を受診する必要があります。

 

 

薬品の塗布の仕方は、かならず患部を清潔にすることが必要です。

 

 

石鹸などで洗顔後、タオルで水気を拭き取ってから、塗布するようにしましょう。

 

ニキビケアにディフェリン

ニキビに悩んでいる方に絶対に試してほしいのがディフェリンという薬です。

 

 

皮膚科で吹き出物やニキビのための治療薬として近年非常に多くの人が処方されているものであり、多くの成果を出していることでも有名です。

 

 

このディフェリンはゲル状になっている薬であり、一般的にはディフェリンゲルと記載のあるチューブタイプのものが処方されています。

 

 

使い方は皮膚科の先生の指示に従うことになっていますが、皮膚科の先生によって使い方が様々です。

 

 

皮膚の上にピーリング効果を生み出す働きがありますので、余分な角質を取り除くというニキビの根本治療であり、大きな結果が期待できますが、皮膚への負担もありますので最初は少量で試しながら使うのがコツです。

 

 

ピーリング効果があるということで、塗った後で紫外線にふれるのは御法度ということになります。

 

 

そこで、通常は夜に1回塗るという使い方になるのが一般的です。

 

 

毎晩、自分の顔のニキビが気になるところ、シミがある人はその部分も含めてディフェリンを塗って寝ます。

 

 

朝起きたらしっかりと洗顔をしてそれらをきれいさっぱり落とします。

 

 

これを続けると、個人差がありますが2週間から3週間で少しずつ顔の皮膚がはがれてくるのです。

 

効果的な使い方

赤くなる人も多いのですが、この皮膚がきれいさっぱりはがれると、きれいな皮膚が再生されて段々とニキビのできにくい顔になっていきます。

 

 

要は、ピーリング効果で顔の余分な皮脂を取り去ることができるのです。

 

 

2時間程度でも効果があると言われていますので、赤ら顔になるのが嫌な人や、皮膚のかさつきがあまりに気になる人は数時間だけ薬をのせて拭き取るようにするのもよいでしょう。

 

 

皮膚が慣れてきたら段々と量を増やせばよいのです。

 

 

また、この時のポイントとしては、皮膚科で処方されるローションやクリームを併用するということです。

 

 

皮膚が乾燥しやすいので、その乾燥を防ぎながらニキビ対策をすると、荒れを気にすることなく完治への道が開けるのです。

 

 

また、30分間ピーリングも好評です。

 

 

メイク落としをした後でディフェリンを塗って30分ほど経過したら洗い落として化粧水でしっかり保湿をするというやり方です。

 

 

これは、肌への負担も非常に軽くて効果のでるやり方だと好評です。

 

 

今はニキビは病気の一つと考えられていますので、まずは皮膚科にいって自分の肌の状態を見てもらい、ディフェリンを使って効果が期待できるのであれば処方してもらいましょう。