ディフェリン ニキビ跡

ニキビ治療薬のディフェリンを使いたい

ニキビは、若い人だけでなく、大人になってから、悩まされている方も多くなっています。

 

 

赤く炎症を起こしている場合は、放置をしておくとにきび跡になってしまうことがあるため、適切な治療を受けることが大切です。

 

 

大人のニキビは、お肌の角質層が厚くなってしまうことで、毛穴の詰まりなどが原因で起こることが多くなっています。

 

 

皮膚科で処方される、軟膏の塗り薬のディフェリンは、皮膚のターンオーバーを抑制して、皮膚肥厚になるのを防ぐ働きがあります。

 

 

ディフェリンは、日本では、2008年から認可されており、皮膚科では保険適用で処方してもらえます。

 

 

ニキビの治療薬のトレチノインは、お肌の角質を剥がす働きがあるため、ピーリング効果が高くなっています。

 

 

ディフェリンは、トレチノインとは違う働きのある医薬品ですが、多少は角質を取り除く効果もあります。

 

 

使い始めの時は、お肌が赤くなったり、ひりひりする場合がありますが、しばらくすると改善されてきます。

 

 

ニキビの気になる部分に、清潔になったお肌に適量を塗るようにしましょう。

 

 

お肌に合わない場合は、医師にきちんと伝えることが大切です。

 

 

ニキビの治療は、長期間に掛かる場合があるので、根気よく続けるようにして下さい。