ニキビ ディフェリン

ニキビの治療にディフェリンを使おう

10代は男性ホルモンの影響によって皮脂の分泌が過剰になる方も多く、これは男性だけでなく、女性も多くの方が悩まされています。

 

 

重篤な病気ではないものの、顔など目に見える所に影響が出る症状ですから、思春期を迎えている彼らにとってはつらいものです。

 

 

このニキビの治療に用いられる医薬品の一つにディフェリンがあります。

 

 

ディフェリンは、アダパレンという有効成分を含むことによって毛穴のつまりを除去することによって、ニキビの進行を防ぐニキビ治療薬です。

 

 

悪化する前の初期段階でこちらを服用して治療を始めることにより、炎症を起こして赤くなってしまったニキビを減少させ、更なるニキビの悪化を防ぐ事ができる効果があるのが特徴です。

 

 

ちなみにアダパレンはビタミンA誘導体に似た性質を持った成分であるために、ニキビの治療だけにとどまらず、毛穴が目立たなくなり、きめの細かい美肌へ改善する効果もあるのでおすすめです。

 

 

1日1回を就寝前に塗布することで、効果を得ることができます。

 

 

ディフェリンの副作用は、肌の赤み、乾燥、かゆみやピリピリした感覚を覚えることがあります。

 

 

ほとんどの方にこれらの副作用が見られますが、だいたい1か月も経てばこれらの症状は和らいでくるでしょう。